私は高校の時からずっと一人暮らしをしたくて賃貸に住むことが一番の目標でした。大学に入ってからそれは叶いました。
検索フォーム
新着記事
新築の賃貸の借り方について。

高校の時の目標は賃貸に一人暮らしで住むこと

私の実家は元々お婆ちゃんの家だったのですが早くひとり暮らしをしたいと思っていました。というのも家の中が物で溢れていて親もばあちゃんも整理をなかなかしない人でした。どちらもとても優しいのですがもったいない精神があり使いもしないほこりをかぶったものまで取っておきます。

それを悪いこととは思っていないのですがあまりにも多いので同じものを購入してしまって後から見つかったなんてことが良くあったりするので出費もそれだけかかります。お客さんを呼ぶ時も玄関に色々あるのでなかなか入りづらいです。それとは真逆な自分は物を徹底的に分けて整理するので部屋の中は高校時代の時から今もずっとすっからかん状態です。こんなにも綺麗好きなので誰に似たんだろうとよく言われます。しかし自分も中学生の時までは物を溜め込んでいて高校に入ってから急に変わりました。中学までは地元で小学校も近かったのでそんな環境の変化はないのですが高校はがらりと環境が変わったのでその影響かもしれません。大学に入ってからは高自給の所で働いていたので賃貸マンションを自分で借りつつ親には負担をかけさせませんでした。やっぱり一人暮らしはすっきりした玄関に部屋はとても素晴らしいです。

関連サイト

Copyright 2017 新築の賃貸の借り方について。 All Rights Reserved.