賃貸物件にはワンルームからファミリータイプ、DINKS向けまで様々ですが、高級賃貸物件について紹介します
検索フォーム
新着記事
新築の賃貸の借り方について。

高級賃貸マンションについて

賃貸物件にはワンルームタイプからファミリータイプ、DINKSタイプなど、様々なニーズに応じた間取りやサービスを付加した物件があります。ここでは普段あまり馴染みのない高級賃貸物件について説明いたします。高級賃貸物件の明確な定義はありませんが、高級であるという切り口は様々な要素があります。まず、立地面の高級感として、都心やそれぞれ地方都市の主要駅直結という条件が該当するでしょう。家賃に関しては月々15〜20万以上の物件が、高級賃貸物件の範囲であり、家賃100万円超の物件は超高級賃貸物件と呼ばれています。

高級賃貸物件において重視されるのは、専有面積の大きさ、間取り、物件の方角、眺望、セキュリティなどの項目です。また外国人経営者などが住む高級賃貸物件では、住まい以外のサービスが強く求められるようで、具体的には英語が話せるフロントマンや、医療サービス、食事サービスなどが完備されている賃貸物件もあるのです。また、仕事とプライベートを両立できるようなプランが考慮されている物件や、設備面でも浴室が2つ、トイレが3箇所配置されているような贅沢な物件もあります。

また、設備の仕様に関してはドイツ製のキッチンや、家具においては、イタリアのモダン家具を採用しているなど、こだわりが感じられます。

関連サイト

Copyright 2017 新築の賃貸の借り方について。 All Rights Reserved.