賃貸で9〜10月は第2の引っ越しオンシーズンと呼ばれており、空き物件も通常より増加していることがわかる
検索フォーム
新着記事
新築の賃貸の借り方について。

賃貸でオンシーズンがある

賃貸で9〜10月は第2の引っ越しオンシーズンと呼ばれていて、空き物件も通常より増加しています。ですが一番のピーク時である1〜4月ほど競争は激しくなく、少し余裕を盛ったお部屋探しを実現することが可能です。そしてこの時期に入居者が決まらなければ年が明けるまで空き部屋のままといった可能性もあり、交渉もしやすくなります。そして同様に引っ越し料金も抑えることができますから部屋探しにしても引越しにしても意外とねらい目の穴場シーズンであることがわかります。

そして就職や進学・転勤に伴う被腰の時は緊急を要しますから、時期をずらすといったことは難しいですが、特に急ぎの事情がないような引越しは夏場がいいでしょう。そして安価で引っ越せるじっくり腰を据えてより良い物件を自分のペースで探せると言ったことが魅力です。そして夏場の引越しは暑くて大変ですから、嫌う方が多く、一番空き物件が少ない時期ですが、部屋を探す方が少ない時期だからこそ不動産屋さんが親身になりお部屋探しに協力してくれる時期でもあります。そして1〜4月を一番の繁忙期とするなら、夏は不動産屋にとって一番の閑散期になります。そして、物件が少なく探しにくい時期ですが、もともと設定している家賃が繁忙期に比べて安かったり、値引き交渉に対応してくれたり、有利に話をすすめられるような時期でもあります。

関連サイト

Copyright 2017 新築の賃貸の借り方について。 All Rights Reserved.