賃貸で春先は受験に合格した学生たちがお部屋探しを始め、企業でも転勤シーズンで引越しをする方が急増する
検索フォーム
新着記事
新築の賃貸の借り方について。

賃貸で春先は忙しくなる

賃貸では春先は受験に合格した学生たちがお部屋探しをしています。そしておおくの企業でも新入社員を迎えると同時に転勤シーズンでもあり、引越しを迫られる方が急増していますが、それらの理由で毎年1〜4月は不動産業界にとってはかいいれ時で、一番の繁忙期といえるでしょう。そしてこの時期お部屋探しの時に貴方がダメでもすぐにほかの方が見つかると不動産屋側に思われてしまうケースが高く、家賃交渉などがなかなか受け入れてもらえません。そして引越しを頼む業者も同じで、引越しピークを迎える1〜4月は時間指定などをすると割増料金を取られるケースもあります。そして早いうちから予約しておかなければ週末や祝日などには予約がいっぱいで、平日や午後の遅い時間などでなければ予約を受け付けてもらえないことが少なくないでしょう。

では1〜4月の引っ越しは悪いことばかりかと言えばそうではなく、引越しが多いといったことは出ていく方も増えると言ったことでタイミング次第でとてもいい物件に巡り合える機会が多いです。ですが、繁忙期を甘く見ては行けなくて、ちょっと迷っている間に時間差でほかの方にとられてしまうようなパターンも決してめずらしくなく、いい物件に巡り合えればスパッと決断をして直ぐ契約してみることがいいでしょう。そして、1〜4月に次いで引越しをする方が増えるのが9〜10月でその理由の一つに。9月に人事異動がある企業が意外と多いといったことがあります。そして9〜10月はジューンブライドで大人気の6月の次に結婚式が多いシーズンでもあります。

Copyright 2017 新築の賃貸の借り方について。 All Rights Reserved.